使用食材の紹介

こちらでは「使用食材」について紹介いたします。

食に関わる立場の私が、キッチンに立つための出発点が食材を揃えることであっては、料理の本質からはかけ離れていると思います。米や野菜づくりに積極的に関わり、農産物を作る過程や作り手の思いを理解した上で調理に携わりたいと考えております。

野菜

当教室より歩いて行ける距離にある標高900mの畑で、無農薬・無化学肥料で育てられた旬の野菜。

虫食い痕があるのが有機野菜のシンボルのようにされることがありますが、こちらの野菜は違います。土つくりを基に、きちんと環境を調えられた畑では、野菜はストレスを受けることなく育ち、元気に葉を伸ばし美しく実を結びます。当地の特徴である昼夜の寒暖差の大きさも、その美味しさをさらに高めてくれています。

作り手:信州伊那谷の中央アルプス経ケ岳の山麓で旬を耕す「草間舎ブログ更新中!

オリーブオイル

“オリーブオイルはイタリア料理に使うもの”そんな考えが思い込みだと気づかされる新鮮な味わい。

南イタリアの典型的な味と風味を持つ、カロチンをたっぷり含んだ黄金色のエキストラバージンオリーブオイルは、青草を刈り取った時のような香り、味はまろやか、生ではもちろん、熱を加えた時に真価を発揮します。

イタリアで育てられた自然栽培のオリーブの収穫は手摘み(!)、即日搾油、コールドスプレミトゥーラ法による熱をかけない物理的抽出法と自然分離法により、おいしさと有効成分が生きているオイルを実現。イタリアから低温コンテナーで輸送され日本へ届けられています。

当教室は、アサクラ商品の取扱店となっております。オリーブオイルのほか、小麦アレルギー対応としても重宝される古代小麦使用のパスタ、塩漬けケッパーを取り扱っております。オリーブオイルは苦手と思っていた人を次々と虜にする本物の味わい「オルチョサンニータ」が一番人気です。

作り手:本物をまじめに作る人と食べる人をつなぐ「アサクラHPはこちらへ

調味のためだけでなく、うま味を引き出すために欠かせない基本の調味料である塩。

約2億5千万年前の古代地層から採掘される「クリスタル岩塩」、人里離れた内モンゴルの精製や海水汚染の心配のない「天日湖塩」を使用しています。

素材の味を引き出す掛け算の塩を使って、健康的な食事を手に入れましょう。

味噌

肥料も農薬も使わないで育てられた大豆と、天然麹菌を自然栽培米につけた米麹を使って、大きな木桶で仕込む味噌。

毎年寒仕込みする「手前味噌」は、日本唯一、いや、世界唯一の味わいです。

関連ページのご紹介

家庭料理コース

家庭料理コースについて説明しております。

ランチ講座コース

レッスン風景について説明しております。

時季に合わせた食材選び

時季に合わせた食材選びについて説明しております。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0265-95-1131

留守番電話の応答メッセージが流れた場合は、お客さまのお名前と連絡先をお話しください。こちらから改めてお電話いたします。

営業時間
平日   10:00〜16:00
土日祝  10:00〜17:00
定休日
なし(不定休)
  • R's Dietary Consultingサロンに関するお問合せ
  • 栄養士・管理栄養士へのご相談

その他、不明な点やご質問も受け付けております。
下記、メールフォームより、お気軽にお問合せください。